今日借りれる消費者金融は?すぐ借りたい人におすすめ!即日融資ランキング!

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融のキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなり法律順守の意識が高まってきたのでブラック企業は改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

参照:http://anpp.info/ranking/during-today.html

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。